ちょっと寄ってく?


by posica

たみお

c0137572_16254299.jpg


映画館の近くにある料亭みたいなお店。
(中に入ったことはない)





c0137572_2233195.jpg


本当の目的地はこちら。




『たみおのしあわせ』
やっとこさ観てきました。
と言ってもこの辺りじゃまだ公開されたばかりだけれど。
早く観に行きたかったので、
気分的には「やっと」って感じ。






舞台は都会ではない、どちらかといえば田舎。
物語は淡々と進み。

いや、実際にこんなことあったら
けっこう劇的なのかもしれないと思うことでも、
この映画の中では淡々と描かれていて。

昼間(夕方?)からおっさん&おばさん(ごめん)がいちゃついてる場面は
何ともテンション下がる・・・。

話が進むにつれて、
たみおと、たみおの父を取り巻く登場人物がだんだん
「まったく、どいつもこいつも!」みたいな感じに。
(たみおとたみお父も含めて・・・だな)

そんなイラつきや怒りをぶっ飛ばすような
最後のたみお父の行動に、
ちょっとだけ胸がすかっとした。

思いきり不幸だと思えるようなことが無いっていうのは、
「しあわせ」と言っていいんではないか? と、ふと思った。
それだけ生きていくのはたいへんだってことで。
だけどこれはまだ私の中では断言できない。
あくまでも「?」付きです。

キヨシローが出ているというのでどこにいるんだろうと思ったら、
意外な場面で突然登場したのでびっくり。
役名(?)が「変な男」だって・・・。
飄々としている。
この映画に登場する人たちの中でいちばん幸せそうに見えたのは
気のせいだろうか。


最近、「しあわせって何だろ?」的な映画が多い気がする。
自分がそういう映画ばかり選んで観ているからなのか?

観ていてだいたい思うのは、
「そんなにいいことなんてありゃしないのさ」ってこと。
そして、必ずしも「しあわせ=特別いいこと」ではないってこと。
で、しあわせってのは自分で感じるものであって、
他人が想像したり断言できるものでは無いんだなと。
ふしあわせもまた然り。

だけどまぁ、しあわせしあわせって
そんなに真剣に考えなくてもいいんじゃないの? とも思う。

今ちょっとしあわせかも、楽しいな、と思える次の日に
どっと凹むような出来事が起こったりして。
で、あーもう嫌だーと思っていると、
ふとしたはずみに笑えるような瞬間がきて
「あぁ、悪くない」って思えたり。
うーん、何か全然うまく言えませんが、
人の一生ってその繰り返しなのかもなーと思います。
実際、自分はそう感じます。



そうそう、ちょっと前に同じ映画館で
『純喫茶磯辺』も観ました。

喫茶店マスターの娘役を演じる
仲里依紗ちゃんが自然な感じで良かった。

しかしここに出てくる人みんな、
とてつもなくめんどくさそうである。
いや、ここに出てくる人たちだけじゃない。
人間ってきっと、めんどくさいんだ。
自分も、人も。
だからってみんないなくなっちゃうと
きっとすごく寂しくなるんだろう。
だけど・・・あんまりめんどくさ過ぎるのは勘弁してもらいたい、
と思う私なのであった。
[PR]
by posica | 2008-07-31 18:46 | 観たもの